FC2ブログ

記事一覧

CS-R9100のテストライドで三木を新発見

天気が穏やかなので、サンタに見送られてテストライドに出かけます。
aIMG_5361.jpg

15kmほど走って三木市興治で休憩。
aIMG_5362.jpg

CS-R9100の11-30T、クロスレシオには乗ったことがないのですが、
11-30Tというワイドレシオでも変速のつながりがスムーズなように感じます。

歯数構成:は、11-12-13-14-15-17-19-21-24-27-30Tで
11-17Tのクロス部分がスチール、19-30Tのワイドがチタンになっています。

大きなギヤがチタンなのでやっぱり軽いです。

27kmほど走って防災公園スポーツの森ゾーンに到着。
aIMG_5363.jpg

ミニベロさんのブログで志染の金水が行けるようになったという記事を思い出しました。

三木平野線を北に向かって数キロなので、行ってみました。
aIMG_5365.jpg

え、入られへん?
aIMG_5366.jpg

いや、イノシシの侵入防止柵みたいです。
aIMG_5367.jpg

40年前に一度来たことがあるのですが、その時はもっと下のあぜ道を歩いていったような記憶があります。
aIMG_5368.jpg

だからここを左下に行くと金水だと思いますが、右に延びる道が気になるなー。
aIMG_5369.jpg

金水はひとまず置いておいて、右側に行きます。
aIMG_5370.jpg

先ほどの防災公園から走ってきた三木平野線をまたぎます。
aIMG_5371.jpg

え、展望台があるの?
aIMG_5373.jpg

まあ、こんなもんか。(笑)
aIMG_5374.jpg

あれは古墳みたいだなー。
aIMG_5372.jpg

やっぱり古墳ですが、その蓋石に地蔵さんを彫ったみたいです。
aIMG_5375.jpg

上部に35体、下部に6体で、地元では「どっこいさん」と呼ばれて親しまれているのだとか。
aIMG_5376.jpg

「宝暦五年二月十六日」の銘が刻まれているってことは1755年、
三木でなにか地蔵さんを彫らなければならない出来事があったんでしょうね。

そしてこの横穴式古墳の上蓋を取っちゃったかー。
aIMG_5377.jpg

古墳に関する説明はないのですが、もともとはこの場所ではなく、
三木平野線の道路工事でこちらに移設されたみたいです。

6世紀後半の築造で、金銅装単鳳環頭大刀柄頭が出土したそうです。

それにしても広々としてのどか、そして誰もいない、まるで異次元空間ですなー。
aIMG_5378.jpg

石造りのベンチも設置されているので、弁当を持ってきてのんびりすると最高のような気がします。

そのまま道なりに走っていくと、あれ、また古墳?
aIMG_5381.jpg

いや、ここは「自然・体験の森ゾーン」で、防災公園の一部に組み込まれていたんですね。
aIMG_5380.jpg

(謎解き写真が上から6枚目でした。)

謎が解けたところで窟屋の金水に戻ります。
aIMG_5382.jpg

反対側に来ちゃったので、自転車を担いで降りていきます。
aIMG_5383.jpg

整備されてますねー、40年前に来たときはこんな柵なんてなかったですよ。(たぶん)
aIMG_5384.jpg

本当は天然記念物の光藻の作用で、湧き水が金色に光るそうですが、
40年前もがっかりした記憶があります。
aIMG_5386.jpg

飛鳥時代に2人の皇子(後の顕宗天皇と仁賢天皇)が政変の難を逃れて、
ここに隠れ住んだという話が日本書紀に残されています。
aIMG_5390.jpg

あの古墳が6世紀後半、顕宗天皇は450~487、仁賢天皇が449~498、
うーん100年ほど違いありますが、この場所に当時から権力者がいたということでしょうね。

CS-R9100のテストライドでしたが、ビンディングシューズで思いもよらぬ歩きになってしまいました。

まだまだテストライドは続くんですが、続きは明日アップします。

長くなって申し訳ありません、クリックしていただければ、うれしいです。

にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

コメント

GGチャリダさん、おはようございます。

光藻ですか、私は光苔や光茸もみたことないので..
これは夜間に来ないと光らないのでしょうか。
その場合、ここは一眼で長時間露光でしょうか?

GGさん おはようございます。
職場でクラスターが発生し昨日、PCR検査をしてきました。 その結果が出るまでは自宅待機&年内の勤務はなしとなってしまい気が抜けています。 最終的には金水が見れて良かったですね。 自分が行った時は害獣柵はなく普通に行けたのですが、2度目に行くと土砂崩れの恐れがあると書かれており柵が設置されていたこともありました。 金水辺りは常に泥濘でいるイメージが強いです。

三島の苔丸さん、おはようございます。

ひかり藻は単細胞藻類で、大量発生して水面に浮き上がると、葉緑体やカロチノイドが日光に反射して水面を緑や黄色にするのだそうです。
説明板には、「最近では金色に変色することは稀になっています。」とありましたが、平成14年ごろから再び見られるようになったらしいので、ブログの写真に光が当たるとそうなのかなと思いますが…。
また確認したいと思います。

ミニベロさん、おはようございます。

今やどこでクラスターが発生しても不思議ではありませんからねー。
年内自宅待機はつらいですが、しばらく我慢してください。
窟屋の金水、無料駐車場ができてきれいに整備されていてびっくりしました。
訪れる人はいないようですが、金水が見られるのは春先までとのことなので、光が当たる時間帯にもう一度トライしてみたいと思います。

  こんにちは。
  今日のブログ写真を見ると、快晴でも、寒いからなのか、あまりにも広大だからか、それともコロナ禍第3波のせいなのか、人が見当たりませんね。
  今日は、兵庫県の感染者232人の最多です。加古川市でも、感染者を受け入れている公立大病院が2ヶ所とも感染者がでてしまい、大変な状況です。保育園も6施設が臨時休園をしました。もう市中感染していて、いつどこでだれが感染してもおかしくない状況です。今年7月に実施された兵庫県内開業医のアンケートで、約30%が閉院するとの回答がありました。患者数の減少が原因です。一方で新型コロナ感染者を受け入れている主たる公立病院は、過酷な医療業務が続き、辞職や過労でリタイヤする病院関係者が少なくありません。8月の時点で、厚労省が指定感染症2類からインフルエンザと同様の5類に引き下げ検討とニュースにありましたが、未だに実施できていません。
インフルエンザ並の短時間検査キットと専用治療薬がないと、開業医では対応できないですからね。いびつな医療体制が来年からも続きそうです。長々とコメントしましたが、今春に呼吸器系を患ったシニアの私には、「今そこにある危機」そのものなのです。
  さて、師匠の次なるターゲットは、チューブレスタイヤの「シュワルベ PRO ONE」辺りで、これを装着してしまうと、その次は「Di2」になってしまいますね。後はディスクブレーキですが、ほとんどの場合構造上後付けできないですし、師匠の愛車とライドでは必要性を感じないでしょうね。 

チャリウォークさん、こんにちは。

走ったのは水曜日で平均気温11.2℃でしたから、ほとんど寒さは感じませんでした。
人がいないのは、行っても楽しめるようなものはなにもないからだと思いますが、私にとっては異次元的でよかったです。
ところでチューブレスですが、シュワルベは軽量でカンパにぴったりなんですがTUBELESS EASYしかないのでパスです。
ベトベトのシーラントは使いたくありませんから。
ということで、今はIRC Formula PRO TUBELESS RBCCがいいなと思っています。
コロナと言えば、相変わらず各地で人寄せイルミネーションが行われていますね。
たぶんみんなチャリウォークさんほど危機感は持っていないんだと思いますよ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGチャリダ

Author:GGチャリダ
自転車と野菜作りで「人生の楽園」的生活をめざします。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -