FC2ブログ

記事一覧

追っかけ

昨日見た池に今朝はEOS50Dを持って参上。

3羽いました。(これはデジカメ撮影。)
aIMG_5359.jpg

それではと、EOS50Dをセットして、いざ写そうとしたときに1羽、飛び立ちました。

慌ててシャッターを切ったら、右上に体の一部だけが写りました。
eIMG_2390a.jpg

そのままカメラで追いかけます。
eIMG_2391 (2)

やっぱり一眼レフならではですねー。
eIMG_2392 (2)

連写の仕方を早く覚えなければ…。

残された2羽、「あーあ、行っちゃったー。」
eIMG_2393 (2)

残された2羽も、あまりエサを捕る様子がなく、胃が消化するのを待っているみたいです。
eIMG_2395a.jpg

さて、この2羽ですが、足環から確かめると、1羽は先日来ずっと出会っている今年生まれたオスJ0317で、
もう1羽も今年生まれたオスJ0291みたいです。

見つけるのはみんなオスですが、メスは何処にいるんでしょうねー。

実はこの池に生えているのは蓮で、今はおじさんがレンコン収穫の準備中なんです。
eIMG_2400 (2)

コウノトリは人間と共存しているというか、人間に守ってもらっているので、
近くでおっちゃんが作業をしていても、あまり気にしていません。

まあ、おっちゃんもコウノトリなんか気にしていませんけどね。

サギが前でバタバタしても動じません。
eIMG_2402 (2)

小一時間、観察をしていたのですが、目を離したすきの一瞬で飛び立ちました。

オートフォーカスにしているのですが、こういう時はピント合わせが難しいですね。
eIMG_2404 (2)

飛んでいると大体ピントが合うのですが。
eIMG_2406 (2)

稲美町の方へ飛んで行ったので、めぼしい池を回ったのですが、見つからず。
eIMG_2414 (2)

今日の追っかけはこれで終了。

ええ歳して追っかけかー、いえいえカメラの勉強でもあります。

何歳になっても楽しみたいなー、ということでクリックしていただければ、うれしいです。

にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

コメント

GGチャリダさん、おはようございます。

お~すごい。飛びものですか
私はほぼ無理かな~
ピント以前に、カメラでとらえられない...

三島の苔丸さん、おはようございます。

自転車でコウノトリがいる池を見つけて、翌日、車でカメラを持って行って撮影という状態です。
鳥の習性が分かっていないので、飛び立つタイミングを把握できず失敗が多いです。
何事も勉強かな?

  こんばんは。
  師匠、今日は久しぶりの微風の晴天なので、ロングライドされたのではないですか?
  今日のブログでも、コウノトリの写真ばかり掲載されていますが、コウノトリの撮影よりも、撮影スキル向上にドハマりですね。まあ、師匠は何事も凝り始めたら、とことんいくタイプですから、暫くはコウノトリブログになってしまうのは仕方ありませんね。
  ところで、「いなみ野ため池ミュージアム」では『ため池コウノトリプロジェクト』が始動しており、いなみ野でコウノトリが定住して繁殖していくために、2017年から2026年までの10年間をプロジェクト期間にしています。人工の巣塔作りもですが、肝心のえさ場確保にもっと活動して欲しいですね。ため池だけでなく、もっともっとビオトープや低農薬田圃を広げていけないものでしょうか。後6年後には、東播磨地域を故郷にするコウノトリが数十羽誕生して欲しいと願っています。
  さて、今日のニュースで、政府は軽自動車も電動化を検討しているとありました。昔から販売されている三菱のiMiEV(アイミーブ)は軽自動車EVですが、1回の充電で164㎞走れ、価格は300万円で補助金は16.4万円です。近い将来、日産・三菱が新型軽自動車EVを販売するそうですが、1回の充電で300㎞、価格は補助金を活用して200~250万円でないと売れないでしょうね。ただし、今一番売れてるNーボックスのほとんどが200万円超えですから、案外競争力はあるかも知れません(もちろん補助金頼り)。何度もコメントしていますが、全個体電池が実用化すれば、電動化は一気に進むでしょう。最初に搭載される車は、次期プリウスだと言われています。

チャリウォークさん、こんばんは。

カメラは難しいし、根気がいります。
最初から「撮るぞー」って気持ちで行かないとダメなことがよく分かります。
しかしコウノトリが飛んでいる姿は本当に美しい、いい被写体になります。
ただこの播磨地方で、1年中エサを確保するのは難しいでしょうね。
コウノトリは肉食で大量に食べ、日本で絶滅したのは1950年代まで摂取量が豊富だった魚類の割合が60年代に急激に低下したからだそうです。
昆虫では栄養不足で、魚や小動物が必要なんですが、但馬地方の限度が60羽と言われているのに、今や全国で300羽超えてきて、それだけの胃袋を満たすのは難しいと思います。
再び減少傾向に入らないかと危惧されます。
電気自動車、政府目標が2030年代半ばで100%、あと15年、うーん、免許更新から考えると関係なくなりそうです。(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGチャリダ

Author:GGチャリダ
自転車と野菜作りで「人生の楽園」的生活をめざします。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -